ぎこちないブログ

ぎこちなく日常を生きる20代OLブログです

成人の日は私にとって特別な日ではなかった

三連休だらりと過ごした美厨(みくりや)です。

 

世間は成人の日ですね。

いや~私ですね、振袖着て前撮りもしていなければ、成人式にも出席しておりませんので、この日は私にとって何かを思い出す日ではないのです。

それを可哀想とか、どうして?って思う人がたくさんいるのも事実だとは思うのですが、べつに絶対振袖着て写真撮らなければいけないわけでもないし、成人式出席してウェイしなければいけない義務も二十歳にはないわけです。

私は振袖も着ず、成人式に行かないという選択をしただけの人間です。正直驚かれるのも甚だ遺憾ですし、私からしたら任意のものをどうして絶対であると思われているのか謎なくらいです。

先に言っておきますが、別にお金がなかったわけでもないし、遠方に住んでいたわけでもないです。ただ選択をしなかったというだけ。

 

それではなぜ選択をしなかったかという理由ですが、ぶっちゃけ振袖レンタル+前撮りにウン万も払うのがしぬほど馬鹿らしかったからですね。結局金かよオイ!って思うかもしれないけど金は大事だぞ!大枚はたいてブスが着飾った写真貰って何が嬉しいんだよマジでって本気で思っているので、そんなのに金払うんだったら高級旅館にでも泊まったほうが、少なくとも私にとってはよっぽど有意義なお金の使い方です。親にはいまだに恨み言言われますけどね、聞こえないふりしてる。

私写真なんか残していたら絶対後悔してたと思うのですよ。このブス写真にウン万もかけたのか~~~~ク~~~~~~バカじゃん……バカじゃん……って絶対毎年恨んでたに違いないのですよ。私は私が後悔しない道を選んだ。

 

あくまで私は、ですのでこの考えを鵜呑みにしなくてもいいし、怒らなくてもいいし、悲しまなくてもいいし、納得しなくていい。

でも、前撮りなんてしたくない、成人式なんて行きたくないと思っているベイビーちゃんたちがいるのであれば、無理はしなくていいのだと伝えてあげたい。世の中には私みたいにすごい大きい理由もなく前撮りも成人式もスルーする人間もいるから。選択は人の自由。必ずしもイエスと答える必要はないです。みんなが同じ方向をみる必要はない。

 

どうせ成人年齢が十八才になったらそのありがたみも薄れるよ。二十歳なんつって成人してもね、ぜんぜん大人になんかなれないんだから。